ビームピストル/ビームライフル射撃標的 集中管理ソフトウェア

機能紹介

Beam Lake は、複数のソフトウェアから構成され、ビームピストル・ビームライフル・RedDot 競技の運営をサポートします。

利用イメージ

選手向け機能 (Beam Lake Lane)

Lane は、選手が射撃中に、手元で自身の得点・着弾位置を確認するためのソフトです。 競技中に必要十分な情報を PC の画面いっぱいに表示します。

Laneの標的画面

得点は、整数値での集計、小数値での集計の両方に対応しています。

整数値・小数値

対応標的では、軌跡を表示させることができます。

軌跡

万が一、ソフトウェアの不具合や、停電などによる PC の障害が発生した場合でも、選手の着弾はすべてログとして記録されているため、選手の大事な1発が消えることはありません。 ログは、Control を使用してリストアできます。

ログ

競技役員向け機能 (Beam Lake Control)

Control は、競技役員が、複数の射座を一括で制御するためのソフトです。 試射/本射の切替、種目の設定、選手名の設定、ゼロ点挿入などの機能を使用できます。

Controlの標的コントロール画面

複数射座を一括で試射/本射切替できるため、選手の切替操作が不要となり、スムーズに競技を開始できます。

試射/本射切替

事前にスタートリストを作成しておくことで、選手入場前のタイミングに、一括で全射座に種目・選手名の情報を設定することができます。

スタートリスト

射座に対してゼロ点データを挿入したり、クロスファイアを受けた際に、当該着弾を無効化することができます。 また、ファイナルでの競射など、一部のショットをエクストラショットとして扱うことができます。 (エクストラショットとなった着弾は、合計点に換算されなくなります。)

着弾ステータス

競技終了後、選手の1発ごとの得点、合計得点を、プリンターで印刷することができます。

レポート

SIUS 社製の得点集計ソフトである SIUS Rank と連携させることで、リアルタイムスコアボードを表示したり、順位表を作成することができます。

SIUS連携

観客向け機能 (Beam Lake View)

View は、観客に対して、選手のリアルタイムな射撃状況を伝えるためのソフトです。 最終の着弾位置や、銃を構えている時の軌跡、現在の合計点を確認できます。

Viewのメイン画面

ブローカー (Beam Lake Broker)

Broker は、Lane・Control・View のデータの仲介に必要なソフトです。

Broker

遠隔地での競技運営例

各会場の PC をインターネットに接続し、Broker を用意することで、遠隔地でも同時に競技を実施することができます。 (Broker は、インターネットから接続可能なサーバ上に配置する必要があります。)

遠隔操作