ビームピストル/ビームライフル射撃標的 集中管理ソフトウェア

ダウンロード

Beam Lake は本ページから無料でダウンロードすることができます。

ソフトウェア一覧

Beam Lake は次の 4 つのソフトウェアで構成されています。本ページで公開しているインストーラには、すべてのソフトウェアが同梱されており、コンピュータの用途に応じてインストールするソフトウェアを選択できます。

ソフトウェア概要
Lane
Lane
射座に配置されるコンピュータにインストールし、競技中に選手が手元で自身の得点・着弾位置を確認するためのソフトウェアです。競技中に必要十分な情報を、コンピュータのモニタ画面いっぱいに表示します。
Control
Control
競技役員が、複数の標的装置を集中管理するためのソフトウェアです。任意の複数標的に対して、試射/本射の切替、種目の設定、選手名の設定、ゼロ点挿入など、様々な制御を行うことができます。得点データを集約して、成績管理ソフトウェア SiusRank に連携することで、得点集計を自動化することができます。
View
View
観客に対して、選手のリアルタイムな射撃状況を伝えるためのソフトウェアです。最終の着弾位置や、銃を構えている時の軌跡(対応標的装置のみ)、現在の合計点を確認できます。会場内のサイネージモニタで本ソフトウェアの画面を表示することで、観客は選手の射撃状況を的確に把握することができます。
Broker
Broker
Lane・Control・View ソフトウェア間のデータ通信を仲介するためのソフトウェアです。Beam Lake の様々な魅力的な機能を使用するためには、すべてのソフトウェアを同一ネットワーク内で起動したうえで、Broker も同一ネットワーク上で起動する必要があります。なお、本ソフトウェアを使用する代わりに、一般公開されている汎用的な MQTT ブローカーを使用することもできます。

動作環境

ソフトウェア対応 OS推奨スペック
LaneWindows 10
Windows 11
CPU: Intel Celeron J4125 と同程度以上のプロセッサ
メモリ容量: 4GB 以上
ストレージ空き容量: 1GB 以上
ネットワークアダプタ: 1Gb 対応の有線または無線(WiFi)ネットワークアダプタ(外付けのアダプタを使用することも可能)
スピーカー: 着弾音が十分に聞こえる程度のスピーカー
ControlWindows 10
Windows 11
CPU: Intel Core i3 8100 と同程度以上のプロセッサ
メモリ容量: 4GB 以上
ストレージ空き容量: 2GB 以上
ネットワークアダプタ: 1Gb 対応の有線または無線(WiFi)ネットワークアダプタ(外付けのアダプタを使用することも可能)
ViewWindows 10
Windows 11
CPU: Intel Core i3 8100 と同程度以上のプロセッサ
メモリ容量: 4GB 以上
ストレージ空き容量: 2GB 以上
ネットワークアダプタ: 1Gb 対応の有線または無線(WiFi)ネットワークアダプタ(外付けのアダプタを使用することも可能)
BrokerWindows 10
Windows 11
CPU: Intel Core i5 8400 と同程度以上のプロセッサ
メモリ容量: 8GB 以上
ストレージ空き容量: 4GB 以上
ネットワークアダプタ: 5Gb 対応の有線または無線(WiFi)ネットワークアダプタ(外付けのアダプタを使用することも可能)

注意

  • ソフトウェアは無料でインストールすることができますが、Control を使用して複数の標的を集中管理する場合、Beam Lake 利用ライセンスを購入する必要があります(使用条件によっては、ライセンス料が無料となります)。詳しくは、ライセンス購入ページをご確認ください。
  • ソフトウェア利用前に、必ず利用規約をご確認ください。

最新バージョンのダウンロード

ビームライフル標的(MT-201)を使用する場合、以下の制約事項がありますのでご注意ください。(この制約事項は、Beam Lakeのバージョン1.1.0以降で有効です。)
  • ビームライフルの着弾位置はあくまで参考情報として扱ってください。
  • 稀に、標的装置から送信される得点・着弾位置データが欠如する現象が発生することを確認しています。得点データが欠如していた場合、そのショットは自動的に無効弾として処理されます。着弾位置データが欠如していた場合、そのショットは通常弾として処理されますが、Laneの画面上に、着弾位置は不正確である旨の警告メッセージが表示されます。

バージョンの古い Windows 10 で利用する場合、ソフトウェア起動時に WebView2 ランタイムのインストールが必要である旨のメッセージが表示される場合があります。 その場合は、メッセージに従って、最新の WebView2 ランタイムをダウンロードおよびインストールしてください。 (Broker を除き、ソフトウェアの起動には当該ランタイムが必要です。)

Lane を使用して標的装置と通信するには、シリアルポート用のドライバが OS にインストールされている必要があります。 Windows の場合、インターネットに接続されていれば自動的にドライバがインストールされることがほとんどですが、自動インストールされない場合は、FTDI のサイトからドライバをダウンロードし、手動でインストールしてください。

ダウンロードリンクバージョン公開日OSアーキテクチャ
BeamLakeInstaller-v1.4.1-win-x64.exe1.4.1Windowsx64
BeamLakeInstaller-v1.4.1-win-arm64.exe1.4.1Windowsarm64

SiusRank 用パッチのダウンロード

SiusRank を利用している場合、本パッチを適用することで、SiusRank に BP/BR 種目のテンプレートを追加することができます。 同時に、スコアボードの表示を日本語化することができます。 SiusRank のソフトウェア本体は、SIUS 社 Web サイトから入手してください。

ダウンロードした zip ファイルを解凍すると、 Resources フォルダが含まれていますので、このフォルダを SiusRank のインストールフォルダ(SiusRank.exeが配置されているフォルダ)に上書きコピーしてください。

ダウンロードリンク対応 SiusRank バージョン公開日追加される種目
SiusRankPatch-v230712.zip9.0.0BP60/BP40/BP20 の個人戦 (2023 年ルール)
BR60/BR40/BR20 の個人戦 (2023 年ルール)
BP ミックスチーム/BR ミックスチーム (2023 年ルール)

ダウンロード時にセキュリティ警告が表示される場合

ご利用の環境によっては、ダウンロードの際にブラウザによるセキュリティ警告が表示され、ダウンロードが中断される場合があります。 その場合は、下図の手順を実施いただくことで、ダウンロードを完了することができます。

セキュリティ警告

過去バージョンのダウンロード

ダウンロードリンクバージョン公開日OSアーキテクチャ
BeamLakeInstaller-v1.3.0-win-x64.exe1.3.0Windowsx64
BeamLakeInstaller-v1.3.0-win-arm64.exe1.3.0Windowsarm64
BeamLakeInstaller-v1.2.0-win-x64.exe1.2.0Windowsx64
BeamLakeInstaller-v1.2.0-win-arm64.exe1.2.0Windowsarm64
BeamLakeInstaller-v1.1.4-win-x64.exe1.1.4Windowsx64
BeamLakeInstaller-v1.1.4-win-arm64.exe1.1.4Windowsarm64
BeamLakeInstaller-v1.0.0-win-x64.exe1.0.0Windowsx64
BeamLakeInstaller-v1.0.0-win-arm64.exe1.0.0Windowsarm64

更新履歴

1.4.1

  • 全般
    • DISAG 社製の RedDot 標的装置に対応しました
    • RedDot 標的装置の対応に伴い、標的の種類が、10m ピストル標的(ビームピストル、RedDot 用)、10m ライフル標的(RedDot 用)、ビームライフル標的(ビームライフル用)の 3 種類となりました

1.3.0

  • 全般
    • 画面の文字フォントを変更し、より明瞭に文字を表示するようにしました
  • Beam Lake Lane
    • 無効弾および座標情報が無い着弾の描画方法を変更しました
    • 画面レイアウトを一部変更しました
  • Beam Lake Control
    • SiusRank ファイルからスタートリストをインポートできるようになりました(これに伴い、SiusData 用 CSV ファイルのインポート機能は廃止されました)
    • SiusRank クライアント接続時にメッセージを表示するようにしました
  • Beam Lake View
    • 無効弾および座標情報が無い着弾の描画方法を変更しました
    • 画面レイアウトを一部変更しました

1.2.0

  • 全般
    • 画面レイアウトを一部変更しました
  • Beam Lake Lane
    • Lane 単体でスコアレポートをブラウザで表示することができるようになりました
    • 着弾音のテスト再生ができるようになりました
    • 一定の条件で意図しない着弾描画となる問題を修正しました
  • Beam Lake Control
    • スコアレポートのレイアウトを一部変更しました
  • Beam Lake View
    • 着弾時の標的描画方法を変更しました
    • 一定の条件で意図しない着弾描画となる問題を修正しました

1.1.4

  • Beam Lake Control
    • ネットワークが不安定なときにアプリケーションがクラッシュすることがある不具合を修正しました

(Lane、View、Broker については更新がありませんので、バージョンは 1.1.1 のままとなります。)

1.1.3

  • Beam Lake Control
    • 標的コントロール画面で不要な文字列が表示される不具合を修正しました

(Lane、View、Broker については更新がありませんので、バージョンは 1.1.1 のままとなります。)

1.1.2

  • Beam Lake Control
    • スタートリスト画面で種目が選択できない不具合を修正しました

(Lane、View、Broker については更新がありませんので、バージョンは 1.1.1 のままとなります。)

1.1.1

  • 全般
    • ロギング機能を強化しました
  • Beam Lake Lane
    • BR 標的使用時にソフトウェアが強制終了することがある問題を修正しました

1.1.0

  • 全般
    • 使用中のソフトウェアが最新かどうかを確認できるようになりました
    • ユーザインタフェースを一部変更しました
  • Beam Lake Lane
    • 着弾音の音量が変更できるようになりました
    • Lane 単体で使用する場合でも、弾数(シリーズ数)を指定できるようになりました(データリセット時に変更できます)
    • 着弾描画に関する不具合を修正しました
    • ビームライフル標的装置からのデータ欠如に関する問題に対応しました
  • Beam Lake Control
    • 標的別の射座構成入力画面で、スタート番号を入力することで選手名と所属をスタートリストから補完する機能を追加しました
    • 一部のプリンタで印刷が失敗する不具合を修正しました
    • 標的間の射座移動の際に、SiusRank へ正常にデータが連携されない問題を修正しました

1.0.0

  • 初版リリース